いじめられて学校に行きたくない

今も昔も学校のいじめ問題は少なからずあります。

自分の子供が学校に行っていると、
子供がいじめられていないのか、親としては心配になります。

私の場合ですが、子供が学校でいじめられていて、
学校に行きたくないというなら子供の考えや気持ちを優先して行動したいです。

このブログ記事では子供がいじめられている時について
私の考えを書いています。

子供がいじめられて学校に行きたくないと言う

不登校にも色々な理由があると思いますが、
子供がいじめられて学校に行きたくないと言う時もあります。

いじめは、複雑な問題
いじめてくる相手に、いじめて来るなと言ってもいじめて来ます。

先生に相談したところで、今までの経験上ですが、

いじめがすぐに無くなったことはありません。

いじめられている気持ちは、いじめられている人しかわからない

私の考えですが、いじめている相手は、

いじめられている人の気持ちがわかっていないと思います。

いじめられている側が、

どんなに嫌な気持ちになったり、どんなに不快な気分になったり

本当に学校に行きたくなかったり、人間不信になったりなど、

いじめられている人にしかわからない悩みが沢山あります。

いじめによって、不登校になる理由は数多くありますが、

本当に学校に行くのが辛いなら、学校に行かなきゃいいと私は思います。

いじめられてるなら、無理して学校に行く必要はないと私は思う

学校でいじめられて、

みじめな気持ちになったり、

仲間外れや、無視、馬鹿にされるなど、

友達からいじめられて、本当に学校に行くのが嫌なら、

無理して学校に行く必要は私は無いと思います。

本当に学校に行くのが苦痛なのに、

親から学校に行け!学校に行け!と

一方的に言われると、子供の居場所がなくなります。

そこまでして、学校に行く理由があるのかと私は思います。

いじめてくる相手が悪いと思う

いじめてくる相手と、いじめられる人がいますが、

私はいじめてくる相手が悪いと思っています。

やはり、相手の気持ちや相手自身を尊重して、

もっとお互いに理解しあって仲良くすべきです。

軽く言った言葉でも、人によっては傷つく場合もありますし、

自分にとっては何気ない事でも、人によってはとても不快な場合もあります。

いじめがあると学校に行きたくなくなります。

相手の事を考えて行動して欲しいです。

 

私が不登校に役立ったのはコレ