不登校でも自宅学習で十分に勉強はできる

学校に行かない不登校だと、
親としてはどうしても勉強の事が心配になります。

学校での授業の遅れや、勉強の習熟度など、
不登校で子供がどれくらい勉強できるのか不安になりがちです。

このブログ記事では私の子供の勉強について書いています。
不登校でも自宅で勉強はできると私は思っています。

不登校でも自宅で勉強できる

子供が不登校や引きこもりで学校に行かなくなると、

どうしても勉強の心配が出てきます。

親がマンツーマンで勉強を見てあげれれば良いのですが、

親が仕事をしていると、どうしても取れる時間が少なくなります。

ただ、現代はネット通販で勉強の本は沢山売っていますし、

オンラインでも勉強する方法は数多くあります。

子供が自ら進んで勉強するルールを作って、マイペースで進める

子供が不登校で、親が焦って家にいる子供に対して、

勉強を詰め込み過ぎると、かなり逆効果になります。

子供も勉強しろ!勉強しろ!と親に口うるさく言われていると、

反抗したくもなりますし、勉強嫌いになっていきます。

私の場合には、勉強するルールを作って

子供の無理のないペースで、ゆっくりとマイペースで出来るように工夫しています。

親の勉強をやれやれは逆効果が多い

子供が不登校や引きこもりでお家にいると

親はどうしても勉強の事で焦ったりして、

一方的に勉強をやれやれと、子供に向かって言ってしまいがちです

ただ、これは逆効果の場合が多くて、子供はどんどん勉強する気が失せていきます。

自分も子供の頃を思い出してみると、

親から口うるさく勉強しろと言われる時ほど、勉強をしなかったものです。

その為、子供とできるだけ会話をして、子供の勉強するタイミング

子供の意見を聞いたり、考えを尊重してお互いのルールを決めて

自宅学習を進めていくと私の場合にはスムーズに行きました。

不登校でも子供が進んで勉強したくなるようなルール作り

私の場合ですが、子供のやりたい事を聞いてそれをやらせます。

例えばなのですが、子供がゲームがやりたいとか、漫画本を読みたいとか

好きなことがあれば、それをルールを決めてやるようにします。

簡単なことではありますが、ゲームを45分するなら、勉強も45分やろうとか、

漫画本を1時間みたいなら、勉強も1時間やろうとかです。

我が家の場合ですが、意外と子供のやりたい事を認めて、

その代わりに、勉強もやろうと言うと自分からやってくれています。

 

私が不登校に役立ったのはコレ